2020 年 10 月 13 日更新
Backnumber

--- 2020 ---

2020.04.10
宮崎拓也 客員研究員が第 69 回高分子年次大会(福岡市、福岡県)にて"広報委員会パブリシティ賞"を受賞しました。受賞タイトルは「妊娠期の化学療法に向けた高分子ミセルのサイズ制御」(共著者:鈴木研資、永松健、片岡一則、カブラルオラシオ)です。
2020.04.02
4月2日にScience Advances誌にオンライン掲載された論文"A chemically unmodified agonistic DNA with growth factor functionality for in vivo therapeutic application"について解説された記事が掲載されました。
A chemically unmodified agonistic DNA with growth factor functionality for in vivo therapeutic application.
東京大学工学部 プレスリリース
日本経済新聞
2020.03.23
小路恭子さん(M2)が、工学系研究科長賞を受賞されました。
2020.03.09
カブラル准教授が東京大学YouTubeチャンネルにハイライトされました。
Developing lifesaving nanomedicine
2020.02.25
宮崎拓也 客員研究員がビジネスプランピッチコンテスト(サンフランシスコ、アメリカ)にて"優秀発表賞(2位)"を受賞しました。このピッチコンテストには東京大学EDGE-NEXTプログラムの一環で参加しました。
2020.02.22
宮崎拓也 客員研究員がビジネスプランピッチコンテスト(サンディエゴ、アメリカ)にて"最優秀発表賞(1位)"を受賞しました。このピッチコンテストには東京大学 EDGE-NEXT プログラムの一環で参加しました。

--- 2019 ---

2019.11.26
中村乃理子さん (D2) が 第41回日本バイオマテリアル学会大会 (つくば市、茨城県) にて "優秀研究ポスター賞" を受賞しました。受賞タイトルは「血液脳関門を通過する高分子ミセルにおいて親水性セグメントの鎖長が標的指向性に及ぼす影響」(共著者:安楽泰孝、福島重人、藤加珠子、カブラル オラシオ、片岡一則)です。
2019.11.22
Eger Boonstraさん (D1) が 4th International Symposium on Biomedical Engineering, ISBE 2019 (浜松) にて "Young Researchers Poster Award" を受賞しました。受賞タイトルは「Mechanistic analyses of polymer/lipid-based gene transfection processes through membrane integrity assay using proton sensing transistor」(共著者:波多野 豊晃, 合田 達郎, 内田 智士, Horacio Cabral, 宮原 裕二)です。
2019.11.13
Thahomina Khan さん (D3) が MNC 2019, 32nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (広島) にて "Young Authors Travel Award" を受賞しました。受賞タイトルは「Development of polymeric micelles with 5-Boronopicolinic acid ligand to target sialylated epitopes in intratumoral microenvironment」(共著者: 五十嵐一紀, 松本亮, Horacio Cabral, 片岡一則)です。
2019.10.05
宮崎拓也 客員研究員が第 4 回 academist PRIZE(大手町、東京都)にて"ビットマイスター賞(最優秀発表賞)"を受賞しました。受賞タイトルは「妊婦さんの化学療法を実現するナノカプセルの開発」です。
2019.09.11
安楽泰孝 特任准教授が国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)の JSTnews10月号『さきがける科学人』コーナーで紹介されました。
2019.09.07
安楽泰孝 特任准教授が克研究奨励賞 (若手研究部門)を受賞しました。
この賞は東京大学大学院工学系研究科の若手教員(45歳未満)の中から2人が表彰される栄誉ある賞です。
2019.06.28
西薗拓也さん (M2) が 5 月 29-31 日に開催された 第68回高分子学会年次大会 にて優秀ポスター賞を受賞しました。受賞タイトルは「サイズの異なるナノキャリアの脳集積性および分布に関する評価」(共著者: 福里優、中村乃理子、藤加珠子、カブラル オラシオ、安楽泰孝、片岡一則) です。
2019.06.28
立原義宏さん (D1) が 5 月 29-31 日に開催された 第68回高分子学会年次大会 にて優秀ポスター賞を受賞しました。受賞タイトルは「ホストゲスト相互作用を介した環状化合物バリノマイシンの送達に向けたpH応答性高分子ミセルの開発」(共著者: 宮崎拓也、クォーダー サビーナ、中川泰宏、安楽泰孝、片岡一則、カブラル オラシオ) です。
2019.04.24
小田紘子博士が第 71 回日本産婦人科学会年会で JSOG Congress 奨励賞を受賞しました。 発表タイトルは「マウス子癇前症モデルを用いた 胎盤への選択的送達を目指したシンバスタチンナノミセルの開発 -妊娠中の胎児への悪影響を回避するためのドラッグデリバリーシステムの開発、臨床応用への挑戦-」(共著者:永松健、宮崎拓也、H. Cabral)
2019.04.10
立原義宏さん (M2) が 2 月 22 日に開催された 第10回低温センター研究交流会 にてベストプレゼンテーション・アワードを受賞しました。受賞タイトルは「液体窒素を用いた高分子の凍結乾燥を有効活用したpH応答性高分子ミセルの開発」(共著者: 安楽泰孝、H. Cabral) です。
2019.02.22
安楽泰孝特任准教授が平成30年度東京大学工学系研究科・研究科長賞(研究部門)を受賞しました。この賞は年度ごとに工学系研究科の教員の中から5人ほどが表彰される栄誉ある賞です。
【受賞・表彰等】平成30年度研究科長表彰について
2019.02.02
中村乃理子さん (D1) が 2 月 2 日に開催された TEIJIN MIRAI FORUM 2019 にて帝人賞を受賞しました。受賞タイトルは「血液脳関門の突破を指向した薬剤送達担体におけるリガンド分子と標的膜蛋白質との相互作用」(共著者: 安楽泰孝、福島重人、藤加珠子、H. Cabral、片岡一則) です。

--- 2018 ---

2018.11.13
中川泰宏さん (JSPS特別研究員) が 11 月 12 日 ~ 13 日に開催された第40回日本バイオマテリアル学会大会にてRSC賞(Journal of Materials Chemistry B)を受賞しました。受賞タイトルは「アポトーシス細胞の抗炎症活性を模倣した高分子材料(MPS)の開発」です。
2018.05.04
内田智士 特任助教が第10回日本DDS学会奨励賞(臨床)を受賞しました。6 月 21 日 ~ 22 日に開催される第34回日本DDS学会学術集会において受賞講演を行います。
2018.05.01
安楽泰孝 特任助教の研究が「かわさき市政だより」で紹介されました。
▶ 「脳に薬を運ぶ「ナノマシン」を研究中」
2018.04.19
カブラルオラシオ准教授の研究課題が、公益財団法人旭硝子財団に採択されました。
研究タイトルは「がん細胞とがん幹細胞の双方を標的とするボロン酸誘導体を搭載したナノメディシンの開発」です。
2018.04.19
安楽泰孝特任助教が、高分子学会広報委員会パブリシティ賞を受賞しました。
受賞タイトルは「グルコース濃度に応答して血中から脳内に薬剤を届ける高分子ミセルの開発」です。
2018.01.11
安楽泰孝特任助教に関する記事が掲載されました。
▶ (01/11) 日経産業新聞 5 面
東大特任助教安楽泰孝氏―精神疾患薬に光明のナノ粒子、脳への関門、高効率に通過(次世代の先導者)

--- 2017 ---

2017.06.30
中村直人さん (M2) が 6 月 28 日 ~ 29 日に開催された第70回日本酸化ストレス学会学術集会にてポスター賞を受賞しました。受賞タイトルは「酸化ストレス環境に応答して開裂する抗酸化剤内包高分子ミセルの構築」(共著者:吉永直人、安楽泰孝、H. Cabral、片岡一則)です。
2017.06.27
吉永直人さん (D2) と中村直人さん (M2) が 5 月 29 日 〜 31 日に開催された第 66 回高分子学会年次大会にて優秀ポスター賞を受賞しました。受賞タイトルは (吉永)「フェニルボロン酸を高分子ミセルの架橋剤として用いたmRNAデリバリーシステムの創出」(共著者:内藤瑞、内田智士、H. Cabral、長田健介、片岡一則)、(中村)「活性酸素種に応答して抗酸化剤を放出する高分子ミセルの開発」(共著者:安楽泰孝、吉永直人、H. Cabral、片岡一則)です。
2017.04.19
安楽泰孝特任助教が、平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました。
2017.04.13
安楽泰孝特任助教が2017年3月16日 ~ 19日に開催された日本化学会第97回春季年会にて優秀講演賞(産業)を受賞致しました。受賞タイトルは「脳神経系疾患治療を指向した血液脳関門通過型高分子ミセルの開発」です。
2017.03.15
John Daniel MARTIN JSPS外国人特別研究員、小沼 由佳さん(M2) が 2 月 27 日 ~ 28 日に開催された 11th Annual Symposium on Nanobiotechnology 2017 にて Presentation of Poster Awards を受賞しました。タイトルは "Proteasome inhibitor loaded micelles enhance antitumor activity through macrophage reprograming by NF-κB inhibition" (John Daniel MARTIN)、"Development of porphyrin/polyaminoacid-based worm-like micelles for drug delivery" (小沼) です。
2017.03.01
末吉大輝 さん(D3) が東京大学大学院工学系研究科より工学系研究科長賞を受賞しました。
2017.01.31
安楽泰孝 特任助教が 2017 年 1 月 11 日に開催された 第26回インテリジェント材料 / システムシンポジウム にて高木賞を受賞しました。受賞タイトルは「血液脳関門を効率的に通過する高分子ミセルの開発」です。
2017.01.10
末吉大輝 さん(D3) が 2016 年 12 月 13 日 ~ 16 日に開催された The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016) にて Young Scientist Poster Award を受賞しました。受賞タイトルは「Enzyme-Loaded Polyion Complex Vesicles as Intravital Reactors Functioning in Vivo in the Circulating Blood」 (共著者:Yasutaka Anraku, Kazunori Kataoka) です。
2017.01.04
公益財団法人 川崎市産業振興財団 ナノ医療イノベーションセンターの国際シンポジウム
「11th Annual Symposium on Nanobiotechnology 2017」を開催いたします。
日程:平成 29 年 2 月 27 日(月)~ 28 日(火) 9:30 ~ (受付開始 8:30 ~ )
会場:公益財団法人川崎市産業振興財団 川崎市産業振興会館 1 階・4 階
使用言語:英語 ※同時通訳はございません。
参加費:3,000 円
申込:シンポジウム専用 Web サイトからお申込み下さい。
皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げます。シンポジウム Web サイトはこちらをクリックしてください

--- 2016 ---

2016.10.28
ACS Nano 誌へオンライン発行された論文 "Nanomedicines Eradicating Cancer Stem-like Cells in Vivo by pH-Triggered Intracellular Cooperative Action of Loaded Drugs" について解説した動画が YouTube 内 American Chemical Society Channel に登録されました。
▶ (10/24) Nanomedicines Eradicating Cancer Stem-like Cells in Vivo
2016.10.21
カブラル研ホームページを開設しました。